メニューを開く 検索 ログイン

WHOが災害時の熱傷GL作成、日本も参加

2018年05月28日 06:05

2名の医師が参考になったと回答 

 世界保健機関(WHO)では、世界各地の大規模災害に対しEmergency Medical Team(EMT)を派遣して医療活動を行っている。紛争地域などでは熱傷患者が発生するが、災害時の熱傷ガイドライン(以下GL)はまだなく、EMTでは策定を進めている。前橋赤十字病院形成・美容外科の林稔氏は、昨年(2017年)英国で行われた熱傷GL策定会議に日本代表として参加したときの模様を、第44回日本熱傷学会(5月17~18日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  WHOが災害時の熱傷GL作成、日本も参加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD514420 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外