メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

「認知症患者に対する義歯診療GL」6月中に公開へ

日本老年歯科医学会

 2018年05月29日 10:57
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 認知症患者の義歯治療には、噛めるようにするだけでなく、衛生管理やコミュニケーションの問題など配慮すべき点が多い。日本老年歯科医学会(理事長=東京歯科大学老年歯科補綴学講座教授・櫻井薫氏)は5月23日、「認知症患者に対する義歯診療ガイドライン」(以下、診療GL)作成のための最終パネル会議を開催、義歯使用者や認知症患者の家族、施設の介護士から意見聴取を行い、良質な義歯診療が認知症患者のQOLを高め、認知症の予防にもつながる可能性があることを確認した。同学会が診療GLの作成に当たって医療者以外の意見を求めるのは、今回が初めて。最終版は6月中に公表される予定だ。

1805071_ph1.jpg

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  「認知症患者に対する義歯診療GL」6月中に公開へ