メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  人工知能による肉腫の病理診断支援に挑む

人工知能による肉腫の病理診断支援に挑む

AIを用いた診断支援ツールを開発中

2018年05月30日 06:20

7名の医師が参考になったと回答 

 日本では病理医が圧倒的に不足しており、400床以上規模でも常勤病理医がいない医療施設は約3割を占めるとの報告がある。こうした深刻な現状の下、東京大学病院ゲノム病理標準化センター/地域連携推進・遠隔病理診断センターセンター長で准教授の佐々木毅氏らは、人工知能(AI)を用いた病理診断支援ツールの開発に取り組んでいる。3月17日に同大学本郷キャンパスで開催されたAI研究班(研究代表者=同氏)による市民公開講座「人工知能(AI)技術を用いた病理診断支援ツール開発への取り組み」では、同氏らが研究班の取り組みなどについて報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  人工知能による肉腫の病理診断支援に挑む