メニューを開く 検索を開く ログイン

人工知能による肉腫の病理診断支援に挑む

AIを用いた診断支援ツールを開発中

 2018年05月30日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本では病理医が圧倒的に不足しており、400床以上規模でも常勤病理医がいない医療施設は約3割を占めるとの報告がある。こうした深刻な現状の下、東京大学病院ゲノム病理標準化センター/地域連携推進・遠隔病理診断センターセンター長で准教授の佐々木毅氏らは、人工知能(AI)を用いた病理診断支援ツールの開発に取り組んでいる。3月17日に同大学本郷キャンパスで開催されたAI研究班(研究代表者=同氏)による市民公開講座「人工知能(AI)技術を用いた病理診断支援ツール開発への取り組み」では、同氏らが研究班の取り組みなどについて報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  人工知能による肉腫の病理診断支援に挑む

error in template: found but mtif was expected