メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  裂頭条虫症レセプトデータと実際が乖離

裂頭条虫症レセプトデータと実際が乖離

2018年05月30日 06:10

11名の医師が参考になったと回答 

 裂頭条虫症はわが国で頻発する寄生虫症であり、感染事例は「食中毒」として届け出が義務付けられているが、これまでに届け出られた症例は1例もない。国立感染症研究所(NIID)寄生動物部の山﨑浩氏は、裂頭条虫症の発生動向を把握するためにレセプトデータを用いて分析した結果を第87回日本寄生虫学会(3月17〜18日)で報告。「国内で患者が圧倒的に多いのは日本海裂頭条虫症であるにもかかわらず、レセプトデータでは広節裂頭条虫症として請求されたものが多かった」と述べた。(関連記事:「国内のサナダムシ感染の実態は?」)

1805074_ph1.jpg

日本海裂頭条虫の成虫(○印は頭節)山﨑浩氏提供

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  裂頭条虫症レセプトデータと実際が乖離