メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

裂頭条虫症レセプトデータと実際が乖離

 2018年05月30日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 裂頭条虫症はわが国で頻発する寄生虫症であり、感染事例は「食中毒」として届け出が義務付けられているが、これまでに届け出られた症例は1例もない。国立感染症研究所(NIID)寄生動物部の山﨑浩氏は、裂頭条虫症の発生動向を把握するためにレセプトデータを用いて分析した結果を第87回日本寄生虫学会(3月17〜18日)で報告。「国内で患者が圧倒的に多いのは日本海裂頭条虫症であるにもかかわらず、レセプトデータでは広節裂頭条虫症として請求されたものが多かった」と述べた。(関連記事:「国内のサナダムシ感染の実態は?」)

1805074_ph1.jpg

日本海裂頭条虫の成虫(○印は頭節)山﨑浩氏提供

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  裂頭条虫症レセプトデータと実際が乖離