メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  新・医療機関広告ガイドラインのポイント

新・医療機関広告ガイドラインのポイント

ホームページも規制対象に
ハイズ株式会社 岩本 修一

 2018年05月30日 17:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

6月1日施行、罰則付きに

 医療機関の広告やウェブサイトの記載に関する新しい医療広告ガイドライン(以下、新ガイドライン)が今年(2018年)6月1日に施行される。従来のガイドラインでは、ホームページなどのウェブサイトを対象としておらず、罰則がなかった。しかし、美容外科の医療トラブル相談の増加を背景として、ウェブサイトへの法規制を求める声が高まり、今回、医療機関のホームページなどへの事実上の規制強化がなされた。

 新ガイドライン施行に伴い、廃止される「医療機関ホームページガイドライン」からの主な変更点は「罰則付きとなったこと」である。具体的には、虚偽広告を行った者が中止・内容是正に応じない場合、6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が課される。また、悪質な違反広告を行った場合には、医療機関の開設許可の取り消しも可能となった。

 本稿では、新ガイドラインを踏まえながら、ホームページ運営を含めた広告・広報で注意すべきポイントを述べる(関連記事「医療機関にとって効果的な広告、広報」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  新・医療機関広告ガイドラインのポイント

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10514475 有効期限:10月末まで