メニューを開く 検索を開く ログイン

急性膵炎の予後因子スコアを簡略化

4項目でも予後予測可能

 2018年05月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 2008年に改訂された急性膵炎の重症度判定基準では、予後因子を9項目に絞り予後因子スコアの簡略化および造影CTのみでの簡便な重症度診断を実現した。東北大学病院消化器内科の濱田晋氏、同科特命教授の正宗淳氏らは、予後因子をさらに簡略化することを目的に検討を行い、「4項目による評価でも現行の9項目と同程度の診断能であった」と第104回日本消化器病学会(4月19〜21日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  急性膵炎の予後因子スコアを簡略化