メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  RA患者では加齢に伴い非椎体骨折が急増

RA患者では加齢に伴い非椎体骨折が急増

RA大規模コホート IORRA

 2018年06月01日 06:20
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 関節リウマチ(RA)患者は骨折リスクが高いにもかかわらず、骨粗鬆症の治療が十分行われていないという課題がある。東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター非常勤講師で若林医院(東京都)院長の古谷武文氏は、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で「閉経後女性RA患者の6割以上が骨粗鬆症で、高齢になるにつれて骨折頻度は急増している。また、男女とも歯科治療を受けている例が多く、顎骨壊死例も見られた。骨粗鬆症に対する治療介入とともに、口腔ケアの観点から歯科医との連携が必要だ」と訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  RA患者では加齢に伴い非椎体骨折が急増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514504 有効期限:11月末まで