メニューを開く 検索を開く ログイン

ALSに新アプローチ―自己分解型細胞内抗体

 2018年06月02日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 滋賀医科大学などの研究グループは、孤発性筋萎縮性側索硬化症(ALS)を引き起こすRNA結合蛋白TDP-43の異常凝集を除去する抗体の開発に成功したと発表した。この抗体は正常なTDP-43には反応せず、異常凝集体のみを認識するもので、さらに異常凝集体が存在しないと抗体は分解される仕組みになっている。胎児マウスの脳でTDP-43凝集体の抑制効果が確認された。詳細はSci Rep2018; 8: 6030)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ALSに新アプローチ―自己分解型細胞内抗体

error in template: found but mtif was expected