メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎初の抗体医薬を解説

新規治療薬デュピルマブ

 2018年06月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 国内では10年ぶりとなるアトピー性皮膚炎(AD)治療の新薬として、今年(2018年)4月23日に発売されたデュピルマブ(商品名:デュピクセント)。ADでは初の生物学的製剤であることから、その効果に大きな期待が寄せられている。5月8日に東京都で開かれたサノフィ主催のメディアセミナーで、広島大学大学院皮膚科学准教授の田中暁生氏がADの特徴について、日本医科大学大学院皮膚粘膜病態学教授の佐伯秀久氏がデュピルマブの臨床試験成績などを報告。同氏は「デュピルマブは投与開始後かなり早期から、強い効果を発揮する薬剤である」と報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎初の抗体医薬を解説

error in template: found but mtif was expected