メニューを開く 検索を開く ログイン
【お知らせ】大型連休中の各種お手続きに関して

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  医療へのアクセスと質、日本は12位

医療へのアクセスと質、日本は12位

世界疾病負担研究(GBD)2016

 2018年06月04日 06:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of Washington, Institute of Health Metrics and Evaluation(IHME)のRafael Lozano氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2016のデータを用いて1990~2016年の世界195カ国・地域における医療へのアクセスおよび質を評価する定量的指標「Healthcare Access and Quality(HAQ)インデックス(範囲0~100)」の推移を解析。その結果をLancet2018年5月23日オンライン版)で報告した。また今回、ブラジル、中国、英国(対象はイングランドのみ)、インド、日本、メキシコ、米国の7カ国について、国内の地域ごとのHAQインデックスについて、地域間格差の現状と1990年からの推移が検討された。2016年の日本のHAQは94で世界195カ国中12位と前回より順位を1つ下げたが、国内の地域間格差は小さく、都道府県を問わず高い水準を達成できていることが示された(関連記事「医療の質、日本は195カ国中11位」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  医療へのアクセスと質、日本は12位

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04514492 有効期限:4月末まで