メニューを開く 検索を開く ログイン

肥満者の体重増加が肺機能低下に大きく影響

中高年男性2,500例での経年変化を解析

 2018年06月05日 17:07
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における肺機能低下因子としては喫煙が挙げられるが、それ以外の因子はあまり知られていない。そこで、東海大学呼吸器内科学の竹内友恵氏は、COPDはメタボリックシンドロームとの合併が多く、合併が予後不良因子となる報告(Am J Respir Crit Care Med 2009; 179: 509-516)があることなどを踏まえ、同大学病院で健康診断を受診した中高年男性を対象に、肥満や体重増加と1秒量の経年変化を検討。肥満例では、体重増加と1秒量の低下に強い関連が見られたと、第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  肥満者の体重増加が肺機能低下に大きく影響

error in template: found but mtif was expected