メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  2型糖尿病の骨折リスク予測にFRAXが有用

2型糖尿病の骨折リスク予測にFRAXが有用

第115回日本内科学会

 2018年06月05日 06:04
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

糖尿病セミナー

 骨折リスクの評価法として広く使われているFRAX(fracture risk assessment)スコアが2型糖尿病女性の骨折リスクの予測因子になりうると、東京大学大学院糖尿病・代謝内科の笹子敬洋氏が第115回日本内科学会(4月13~15日)で発表した。2型糖尿病に対する厳格な多因子介入の臨床試験J-DOIT3において、有害事象として報告された骨折を対象に解析した結果得られたもので、男性では予測因子が見いだせなかった。また、厳格な多因子介入(強化療法群)による骨折リスクの上昇は認められなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  2型糖尿病の骨折リスク予測にFRAXが有用

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10514536 有効期限:10月末まで