メニューを開く 検索 ログイン

初のJAK阻害薬、市販後調査の中間解析

新規・予期せぬリスクは認められず

2018年06月06日 06:10

9名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)を適応として日本で初めて承認されたヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬トファシチニブの市販後調査(PMS)の中間解析結果が、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で公表された。約3,500例における安全性の解析結果を報告した東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門特任教授の針谷正祥氏は、同薬で新たなもしくは予期せぬリスクの発生がなかったことを明らかにした。その一方で、適応外使用があったことを指摘し、同学会の抗リウマチ薬市販後調査小委員会として適正使用を強く求めた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  初のJAK阻害薬、市販後調査の中間解析

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで