メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

遠隔トリアージで手指外傷の救急が円滑に

愛知県の取り組み

 2018年06月06日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 手指切断などの重度手指外傷の治療は緊急を要するが、搬送先の医療施設の決定に時間を要することがある。この問題を解決するため、愛知県では現場の救急隊員が患者の画像データをトリアージ担当病院に電子メールで送信、トリアージ担当医が重症度を判断して適切な医療機関のレベルを指示するInteractive teletriage system(以下、遠隔トリアージ)を導入している。名古屋大学手の外科の石井久雄氏は、遠隔トリアージの導入により、搬送時間が短縮したことを第61回日本手外科学会(4月26~27日)で発表した。現在、さらに新たなシステムの導入も予定されているという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  遠隔トリアージで手指外傷の救急が円滑に

error in template: found but mtif was expected