メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  遠隔トリアージで手指外傷の救急が円滑に

遠隔トリアージで手指外傷の救急が円滑に

愛知県の取り組み

 2018年06月06日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 手指切断などの重度手指外傷の治療は緊急を要するが、搬送先の医療施設の決定に時間を要することがある。この問題を解決するため、愛知県では現場の救急隊員が患者の画像データをトリアージ担当病院に電子メールで送信、トリアージ担当医が重症度を判断して適切な医療機関のレベルを指示するInteractive teletriage system(以下、遠隔トリアージ)を導入している。名古屋大学手の外科の石井久雄氏は、遠隔トリアージの導入により、搬送時間が短縮したことを第61回日本手外科学会(4月26~27日)で発表した。現在、さらに新たなシステムの導入も予定されているという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  遠隔トリアージで手指外傷の救急が円滑に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514552 有効期限:6月末まで