メニューを開く 検索

抗NMDA受容体脳炎の疑い診断基準を検証

2018年06月07日 06:10

23名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 抗N-メチル-D-アスパラギン酸受容体(NMDAR)脳炎の診断をめぐっては、2016年にPossible(可能性あり)、Probable(疑い)、Definite(確定)の3段階から成る診断基準が提唱された(Lancet Neurol 2016; 15: 391-404)。北里大学神経内科の金子厚氏らは、このうちProbable診断基準の妥当性を検証した結果を第59回日本神経学会(5月23~26日)で報告し、「診断基準は有用であるが、抗NMDAR脳炎の診断では臨床像の多様性を考慮すべき」と述べた。なお、研究の詳細はJ Neurol(2018; 265: 586-596)に掲載された。〔読み解くためのキーワード:抗NMDAR脳炎

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  抗NMDA受容体脳炎の疑い診断基準を検証