メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  2020年までに髄膜炎菌の予防策を

2020年までに髄膜炎菌の予防策を

 2018年06月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 初期症状がかぜに似ているものの、発症後24時間以内に重症化し、死に至ることもある髄膜炎菌感染症。かずえキッズクリニック(東京都)院長で東京都医師会理事の川上一恵氏とオーストラリア・MEDICAL HQ Family ClinicのRodney Pearce氏は、東京都で開催されたサノフィ主催のメディアラウンドテーブルで講演。国際化の進展に伴い、髄膜炎菌が国外から持ち込まれ、感染拡大のリスクが高まっていることから、川上氏は「2020年開催の東京オリンピックに備えて疾患啓発を進め、高リスク環境下にいる人は髄膜炎菌ワクチンを接種すべきだ」と訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  2020年までに髄膜炎菌の予防策を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12514561 有効期限:12月末まで