メニューを開く 検索 ログイン

2020年までに髄膜炎菌の予防策を

2018年06月09日 06:00

7名の医師が参考になったと回答 

 初期症状がかぜに似ているものの、発症後24時間以内に重症化し、死に至ることもある髄膜炎菌感染症。かずえキッズクリニック(東京都)院長で東京都医師会理事の川上一恵氏とオーストラリア・MEDICAL HQ Family ClinicのRodney Pearce氏は、東京都で開催されたサノフィ主催のメディアラウンドテーブルで講演。国際化の進展に伴い、髄膜炎菌が国外から持ち込まれ、感染拡大のリスクが高まっていることから、川上氏は「2020年開催の東京オリンピックに備えて疾患啓発を進め、高リスク環境下にいる人は髄膜炎菌ワクチンを接種すべきだ」と訴えた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  2020年までに髄膜炎菌の予防策を

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで