メニューを開く 検索を開く ログイン

勃起不全は心血管疾患の独立したリスク因子

 2018年06月11日 17:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 勃起不全(ED)は心血管疾患(CVD)の独立した予測因子である。米・Johns Hopkins School of MedicineのMichael J. Blaha氏らは男性1,900人を対象に行った研究の結果をCirculation(2018年6月11日オンライン版)で報告した。同氏は「ED患者はそうでない人と比べてCVDリスクが高くなることが分かった。既知のCVDリスク因子の有無にかかわらず、医師はEDを有する患者ではCVDのスクリーニングを行うことが勧められる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  勃起不全は心血管疾患の独立したリスク因子