メニューを開く 検索を開く ログイン

「新てんかんGL」薬剤は患者ごとに選択を

部分てんかんの第一選択薬は順位なし

 2018年06月12日 06:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 近年、日本で処方される抗てんかん薬の種類は増加している。患者の背景に合わせた選択が可能になった半面、薬剤選択が悩ましくなった面も否定できない。国際医療福祉大学神経内科教授の赤松直樹氏は、今年(2018年)3月に改訂された日本神経学会の『てんかん診療ガイドライン』(GL)の薬物療法について、第59回日本神経学会(5月23〜26日)で解説。「選択肢は多いが、GLでは患者に合わせた薬剤選択が基本とされた」と述べた。(本文中の薬剤の略語は文末の一覧をご覧ください)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  「新てんかんGL」薬剤は患者ごとに選択を

error in template: found but mtif was expected