メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  急性脳症、予後変わらずも分類概念は普及

急性脳症、予後変わらずも分類概念は普及

第2回全国疫学調査結果公表

 2018年06月13日 06:15
プッシュ通知を受取る

33名の先生が役に立ったと考えています。

 急性脳症は、2007年ごろまでに分類がほぼ確立され、2010年にはわが国初となる全国疫学調査が厚生労働科学研究班により実施された。以降、『小児急性脳症診療ガイドライン』が策定されるなど急性脳症診療は進化し、ロタウイルスのワクチン導入など小児の感染症における疫学的な変化もあった。これらが及ぼす影響を検討するため、2017年に実施された第2回の全国疫学調査の結果、急性脳症の予後には改善が見られなかったものの、「分類不能」とされた症候群が減り、分類概念の普及や診断の進歩が見られると、東京大学大学院発達医科学教授の水口雅氏が第60回日本小児神経学会(5月31~6月2日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  急性脳症、予後変わらずも分類概念は普及

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12514564 有効期限:12月末まで