メニューを開く 検索 ログイン

急性脳症、予後変わらずも分類概念は普及

第2回全国疫学調査結果公表

2018年06月13日 06:15

33名の医師が参考になったと回答 

 急性脳症は、2007年ごろまでに分類がほぼ確立され、2010年にはわが国初となる全国疫学調査が厚生労働科学研究班により実施された。以降、『小児急性脳症診療ガイドライン』が策定されるなど急性脳症診療は進化し、ロタウイルスのワクチン導入など小児の感染症における疫学的な変化もあった。これらが及ぼす影響を検討するため、2017年に実施された第2回の全国疫学調査の結果、急性脳症の予後には改善が見られなかったものの、「分類不能」とされた症候群が減り、分類概念の普及や診断の進歩が見られると、東京大学大学院発達医科学教授の水口雅氏が第60回日本小児神経学会(5月31~6月2日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  急性脳症、予後変わらずも分類概念は普及