メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  受動喫煙で児の聴覚障害リスクが2.35倍に

受動喫煙で児の聴覚障害リスクが2.35倍に

2018年06月14日 06:15

20名の医師が参考になったと回答 

 受動喫煙と小児の聴覚障害との関連についての研究は限定的で、幾つかの横断研究が報告されているのみである。京都大学大学院薬剤疫学分野教授の川上浩司氏らの研究グループは、日本人を対象とした後ろ向きコホート研究の結果、妊娠中の母親の喫煙および出生後の受動喫煙が児の聴覚障害リスクを上昇させることをPaediatr Perinat Epidemiol2018年6月5日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  受動喫煙で児の聴覚障害リスクが2.35倍に