メニューを開く 検索 ログイン

日本の糖尿病合併症の実態が判明

JDCP studyベースラインデータを発表

2018年06月15日 06:00

13名の医師が参考になったと回答 

 東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科准教授でJDCPstudy研究代表者の西村理明氏は、同studyのベースラインデータについて第61回日本糖尿病学会(5月24~26日)で発表した。同studyは、2007年に開始された日本における糖尿病合併症の実態とそれらの危険因子に関する全国規模の前向き観察研究である。同氏は、糖尿病の三大合併症の合併率とともに、9年間の追跡期間中に1,000例超で発生した大血管イベントについても言及。心疾患疾患の合併率は約60%で、脳血管疾患に比べて著明に高かったと指摘した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  日本の糖尿病合併症の実態が判明