メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  怖い夜間の無自覚性低血糖、対策は明確

怖い夜間の無自覚性低血糖、対策は明確

 2018年06月15日 06:10
プッシュ通知を受取る

59名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、糖尿病治療において低血糖を回避することの重要性が強く認識されるようになった。一方、持続グルコースモニター(CGM)の普及により、無自覚性低血糖が夜間(睡眠時)を中心に、今まで考えられていたより高率に発生していることも明らかにされている。第61回日本糖尿病学会(5月24~26日)において獨協医科大学内分泌代謝内科教授の麻生好正氏は、無自覚性低血糖をめぐる最近の知見を整理し、その危険性を強調した。ただし、講じるべき対策は明確で、実地臨床で実行可能なものだという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  怖い夜間の無自覚性低血糖、対策は明確

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07514629 有効期限:7月末まで