メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  新規抗前立腺がん薬、日本人での有効性は?

新規抗前立腺がん薬、日本人での有効性は?

進行性前立腺がん

2018年06月15日 16:54

4名の医師が参考になったと回答 

 進行性前立腺がん治療は大きく変化を遂げている。例えば、アンドロゲン除去療法(ADT)への併用新規ホルモン治療薬(ART)としてアビラテロンやエンザルタミドが登場し、予後の改善効果が認められている。一方、アビラテロン併用の有効性を検討したLATITUDE試験の日本人サブ解析結果では、同薬併用による無増悪生存期間の中央値に日本人症例と全症例で差はないものの、3年生存率は日本人症例では80%、全例では50%と大きな差が見られた。宮崎大学泌尿器科講師の寺田直樹氏は、新規ホルモン薬の日本人における反応性の特徴について自験例と欧米人との比較した結果を交えて、日本人に適した新規ARTの使い方について第106回日本泌尿器科学会(4月19〜22日)で述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  新規抗前立腺がん薬、日本人での有効性は?