メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  高血圧患者の脳卒中リスクを葉酸が軽減

高血圧患者の脳卒中リスクを葉酸が軽減

【海外短報】

 2018年06月16日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 葉酸投与により血小板低値、総ホモシステイン(tHcy)高値の高血圧患者の脳卒中リスクが大幅に軽減されると、中国などのグループがJ Am Coll Cardiol2018; 71: 2136-2146)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、中国人高血圧患者(平均年齢59.5歳)1万789例を対象に実施したランダム化比較試験でエナラプリル10mg+葉酸0.8mg連日投与群に5,408例、エナラプリル10mg連日投与群に5,381例を割り付け、脳卒中の予防効果を比較した。

 今回の報告は同試験のサブ解析で、血小板低値とtHcy高値が脳卒中のリスクを高めるかどうか、また、そうした条件下で葉酸が脳卒中の予防に効果的か否かを検討した。

 4.2年間の追跡期間中に371例が脳卒中を発症した。脳卒中の発症率は、エナラプリル単独群では血小板高値(第2~第4四分位)かつtHcy低値(15μmol/L未満)の患者が最も低く3.3%、血小板低値(第1四分位)かつtHcy高値(15μmol/L以上)の患者が最も高く5.6%であった。

 葉酸併用群では、血小板低値かつtHcy高値の高リスク患者で脳卒中の発症率が73%低下した(ハザード比0.27、95%CI 0.11~0.64、P=0.003)。一方、低リスク患者では有意な影響は見られなかった。

(編集部)

7名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  高血圧患者の脳卒中リスクを葉酸が軽減

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07514541 有効期限:7月末まで