メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー、日本から国際標準治療を

ギラン・バレー、日本から国際標準治療を

 2018年06月18日 13:38
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 自己免疫による末梢神経疾患であるギラン・バレー症候群(GBS)は、経静脈的免疫グロブリン療法(IVIg)が標準的治療となっているが、この治療を行っても死亡率は5%、1年後の独歩不能は20%と、その有効性は十分でなく、より効果の高い革新的治療法が求められている。そこで日本では、2015〜16年にGBSに対するエクリズマブの有効性と安全性を検討する治験 Japanese Eculizumab Trial for GBS(JET-GBS)が実施され、今年(2018年)4月にLancet Neurol2018; 17: 519-529)で報告された。同研究を主導した千葉大学大学院神経内科学教授の桑原聡氏は第59回日本神経学会(5月23〜26日)でその結果を示し、「日本発の新規治療として、国際標準治療になることが期待される」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー、日本から国際標準治療を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514572 有効期限:11月末まで