メニューを開く 検索を開く ログイン

医療機関でサプリメント活用を

病気や不調の改善を効率化

 2018年06月19日 16:19
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

 第18回日本抗加齢医学会(5月25~27日)で、田中消化器科クリニック(静岡市)院長の田中孝氏が、医療機関でのサプリメント活用の意義について報告した。食生活の変化やストレスの増大、高齢化の進展などに伴い、慢性的な不調を訴える人が増えている。その改善に、サプリメントが奏効するケースは確かにあるという。こうしたことから医療機関には、患者に不足している栄養素を分析し、より的確なオーダーメイドサプリメント指導を行うことが求められていると主張した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  医療機関でサプリメント活用を

error in template: found but mtif was expected