メニューを開く 検索を開く ログイン

婚外性交渉で感染、カルテに記載すべき?

診療録記録と守秘義務のジレンマをめぐる問題

 2018年06月20日 14:34
プッシュ通知を受取る

96名の先生が役に立ったと考えています。

 感染症診療では、医師は患者のプライバシーに深く関わる秘密を聞き出すことがある。医師は診療に関する事項を診療録に記載する義務があるとともに、診療で知りえた秘密を正当な理由なく漏洩することを禁じられている。アクセス権限を持つ職員なら誰でも閲覧可能な電子カルテの普及が進む現代において、診療録記録と守秘義務をどうすれば両立できるのか。東京都保健医療公社豊島病院感染症内科医長の足立拓也氏は、第92回日本感染症学会/第66回日本化学療法学会(5月31日〜6月2日)で、この問題に対し取りうる解決策を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  婚外性交渉で感染、カルテに記載すべき?