メニューを開く 検索を開く ログイン

金井飛行士が地球帰還後のリハビリを公開

国内での実施は2例目、データを日本の医療に活用

 2018年06月21日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 国際宇宙ステーション(ISS)でさまざまな医学実験などに取り組み、168日間の宇宙滞在を終えて今年(2018年)6月3日に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の金井宣茂氏が6月15日、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)でリハビリテーション(リハビリ)の模様を公開し、記者会見を行った。宇宙滞在を終えた日本の飛行士が自国内でリハビリを実施するのは、2016年に帰還した大西卓哉飛行士のケースに続き2例目。金井氏のリハビリを通じて得られる医学的知見やデータは、宇宙飛行士の機能回復だけでなく、日本の医療に活用されることも期待されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  金井飛行士が地球帰還後のリハビリを公開