メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症の臨床所見を見逃すな

脊髄性筋萎縮症の臨床所見を見逃すな

新治療法が続々開発中

 2018年06月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 指定難病でもある脊髄性筋萎縮症(SMA)は運動ニューロン病の一種で、乳児期発症型では人工呼吸器を用いなければ2歳を迎える前に90%以上が死亡するという。しかし、昨年(2017年)初の治療薬が発売され、現在も新規治療法の開発が進められている。東京女子医科大学臨床ゲノムセンター所長の斎藤加代子氏は、SMA治療の現状と治療薬の開発状況について第59回日本神経学会(5月23〜26日)で報告。「SMAは治療が可能な時代に入り、早期発見・早期治療が重要となってきた。まずは臨床所見からSMAを疑ってみてほしい」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症の臨床所見を見逃すな

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07514597 有効期限:7月末まで