メニューを開く 検索を開く ログイン

sleep2018

不眠症向けのデジタル認知行動療法

RCTで長期有効性が明らかに

 2018年06月22日 06:15
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 不眠症に対する認知行動療法(CBT-I;Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia)については豊富なエビデンスが集積されており、その効果は短期的だけでなく10年の長期にわたりその効果が持続することが報告されている(関連記事)。近年、インターネットを用いたデジタル認知行動療法(dCBT-I;digital CBT-I)が開発され、短期的な不眠症の改善効果が示されている。米・Henry Ford Hospital, Sleep Disorders and Research CenterのAndrea Cuamatzi-Castelan氏らは、dCBT-Iの長期有効性をランダム化比較(RCT)試験で検討。その不眠症改善効果は1年間の長期に渡り持続されることを明らかにし、第32回米国睡眠学会(SLEEP 2018、6月2~6日、ボルティモア)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  不眠症向けのデジタル認知行動療法

error in template: found but mtif was expected