メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

吹田研究が世界に示した頸動脈エコーの意義

頸動脈プラークの進展が循環器病発症を予測
国立循環器病研究センター予防健診部医長 小久保喜弘

 2018年06月22日 17:30
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

 われわれは、地域住民を対象にした吹田研究において、頸動脈プラークの進展が循環器病〔脳卒中、冠動脈疾患(CHD)〕の発症に関連することを世界で初めて明らかにした(J Am Heart Assoc 2018;7:e007720)。この研究のポイントと臨床的意義について解説したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  吹田研究が世界に示した頸動脈エコーの意義

error in template: found but mtif was expected