メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  吹田研究が世界に示した頸動脈エコーの意義

吹田研究が世界に示した頸動脈エコーの意義

頸動脈プラークの進展が循環器病発症を予測
国立循環器病研究センター予防健診部医長 小久保喜弘

 2018年06月22日 17:30
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

 われわれは、地域住民を対象にした吹田研究において、頸動脈プラークの進展が循環器病〔脳卒中、冠動脈疾患(CHD)〕の発症に関連することを世界で初めて明らかにした(J Am Heart Assoc 2018;7:e007720)。この研究のポイントと臨床的意義について解説したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  吹田研究が世界に示した頸動脈エコーの意義

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514775 有効期限:11月末まで