メニューを開く 検索 ログイン

DAAで短期の肝細胞がんリスク増大認められず

【海外短報】

2018年06月25日 06:00

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 直接作用型抗ウイルス薬(DAA)によるC型肝炎ウイルス(HCV)感染治療後に短期的な肝細胞がん(HCC)リスクの増大は観察されなかったと、米国のグループがHepatology2018; 67: 2244-2253)に発表した。(関連記事「DAAでSVR達成後も高い肝細胞がんリスク」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  DAAで短期の肝細胞がんリスク増大認められず