メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  剖検標本から見た日本人前立腺がんの特徴

剖検標本から見た日本人前立腺がんの特徴

ラテントがん研究の最前線

 2018年06月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 生前、臨床的に前立腺がんの徴候が認められず、死後の解剖により初めて前立腺がんの存在を確認した症例と定義されるラテントがん。ラテントがんは前立腺がんの真の罹患率を知る手がかりといわれている。従来、日本人は欧米人と比べて前立腺がんの罹患率が低いとされてきたが、近年は増加しており、その原因は明らかでない。前立腺がんに人種差が存在するか否かを明らかにするためには、統一のプロトコルに基づく検討が必要となる。東京慈恵会医科大学泌尿器科講師の木村高弘氏は、ラテントがん研究に基づく日本人前立腺がんの特徴について第106回日本泌尿器科学会(4月19〜22日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  剖検標本から見た日本人前立腺がんの特徴

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07514714 有効期限:7月末まで