メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  尿1滴で糖尿病腎症の発症を予測

尿1滴で糖尿病腎症の発症を予測

 2018年06月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病患者において尿中の糖鎖量が腎機能の予後に関係していると、岡山大学大学院腎・免疫・内分泌代謝内科教授の和田淳氏らはDiabetes Care6月21日オンライン版)に報告した。尿1滴(20μL)で複数の糖鎖量を測定できる新開発のレクチンアレイを用いた研究で明らかになったもので、糖尿病腎症の予後を推測するバイオマーカーとして期待される。尿中に排泄される糖鎖は糖尿病腎症の発症機序と関係している可能性があり、将来的には糖尿病腎症の治療標的になるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  尿1滴で糖尿病腎症の発症を予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09514807 有効期限:9月末まで