メニューを開く 検索を開く ログイン

尿1滴で糖尿病腎症の発症を予測

 2018年06月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病患者において尿中の糖鎖量が腎機能の予後に関係していると、岡山大学大学院腎・免疫・内分泌代謝内科教授の和田淳氏らはDiabetes Care6月21日オンライン版)に報告した。尿1滴(20μL)で複数の糖鎖量を測定できる新開発のレクチンアレイを用いた研究で明らかになったもので、糖尿病腎症の予後を推測するバイオマーカーとして期待される。尿中に排泄される糖鎖は糖尿病腎症の発症機序と関係している可能性があり、将来的には糖尿病腎症の治療標的になるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  尿1滴で糖尿病腎症の発症を予測