メニューを開く 検索を開く ログイン

免疫CP阻害薬の副作用対策で診療連携を推進

九大病院適正使用委員会の活動報告

 2018年06月27日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、多くの診療科で使用されるようになった免疫チェックポイント阻害薬(Immune Checkpoint Inhibitor;ICI)には、従来のがん治療薬とは異なる副作用があり、致死的な状況に陥るリスクもある。九州大学呼吸器内科学分野教授の中西洋一氏は、同大学病院で組織したICI適正使用委員会(以下、委員会)の活動内容を第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で説明した。活動を通じて、診療科・職種横断的な連携体制を構築でき、ICIの使用状況や副作用の発現状況だけでなく、各診療科の特性などチーム医療の推進に必要な情報も得られたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  免疫CP阻害薬の副作用対策で診療連携を推進