メニューを開く 検索を開く ログイン

食事療法の実施が身体活動量を増加させる?

JDCP study、食事・運動療法ワーキンググループ

 2018年06月27日 06:20
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 新潟大学大学院血液・内分泌・代謝内科学講座教授の曽根博仁氏、帝塚山学院大学大学院人間科学部食物栄養学科教授の津田謹輔氏らは、日本人糖尿病患者の大規模前向き観察研究JDCP studyで食事および運動療法の実態をベースライン時のデータから解析し、その結果を第61回日本糖尿病学会(5月24~26日)で曽根氏が報告した。2型糖尿病患者で食塩の過剰摂取が見られたことに加え、食事療法は身体活動量の増加に影響するなどのデータが得られたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  食事療法の実施が身体活動量を増加させる?

error in template: found but mtif was expected