メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期の胃がんには、より強力な術後療法を

Ⅲ期の胃がんには、より強力な術後療法を

S-1+ドセタキセル併用療法の有効性、JACCRO GC-07試験で明らかに

 2018年06月28日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 Ⅲ期で治癒切除が行われた胃がんに対し、術後療法として標準治療であるテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合(S-1)単独投与を行う群と、S-1+ドセタキセル併用療法を行う群を比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験JACCRO GC-07の結果で、ドセタキセルの併用により3年無再発生存(RFS)率が有意に延長することが示された。名古屋大学病院消化器外科2教授/診療科長の小寺泰弘氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとっての診療のストレス解消法は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期の胃がんには、より強力な術後療法を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514748 有効期限:11月末まで