メニューを開く 検索を開く ログイン

Ⅲ期の胃がんには、より強力な術後療法を

S-1+ドセタキセル併用療法の有効性、JACCRO GC-07試験で明らかに

 2018年06月28日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 Ⅲ期で治癒切除が行われた胃がんに対し、術後療法として標準治療であるテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合(S-1)単独投与を行う群と、S-1+ドセタキセル併用療法を行う群を比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験JACCRO GC-07の結果で、ドセタキセルの併用により3年無再発生存(RFS)率が有意に延長することが示された。名古屋大学病院消化器外科2教授/診療科長の小寺泰弘氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期の胃がんには、より強力な術後療法を