メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  口腔内の歯周病菌が大腸がん発生に関与

口腔内の歯周病菌が大腸がん発生に関与

2018年06月29日 06:30

42名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 横浜市立大学肝胆膵消化器病学内視鏡センター診療講師の日暮琢磨氏らは、大腸がん患者の患部組織と唾液から口腔常在菌の一種であるFusobacterium nucleatumF. nucleatum)を分離、解析したところ、患者の4割以上でがん組織と唾液に共通する菌株が存在したことをGut2018年6月22日オンライン版)で報告した。同氏は「この結果から、大腸がん組織中のF. nucleatumが口腔内に由来することが示唆された」と述べている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  口腔内の歯周病菌が大腸がん発生に関与