メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん細胞でDNA修復能を増強する新因子

がん細胞でDNA修復能を増強する新因子

生殖細胞関連蛋白質SYCE2

 2018年07月02日 06:20
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 DNA修復能の異常はがんの代表的な特徴であるが、どのような機序でその異常が引き起こされているかについては、まだ十分に明らかにされていない。東京大学大学院疾患生命工学センター放射線分子医学部門の細谷紀子氏らは、がん細胞で増殖する生殖細胞関連蛋白質SYCE2が、がん細胞の細胞核内環境を変化させてDNA修復能を増強させることを発見し、Life Sci Alliance(2018年6月22日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん細胞でDNA修復能を増強する新因子

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09514857 有効期限:9月末まで