メニューを開く 検索を開く ログイン

ICT医療開発、フィリップスと東北大が提携

来春に研究拠点をオープン

 2018年07月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 写真. 左から大野氏、van Houten氏、堤氏

 東北大学とフィリップス・ジャパンは6月26日、情報通信技術(ICT)を用いた共同研究に関する包括協定を締結。同大学星陵キャンパスで記者発表会を行い、研究開発拠点「Co-Creation Center(CCC)」を来年(2019年)3月に開設する予定であると発表した。発表会では同大学総長の大野英男氏、ロイヤルフィリップス最高経営責任者(CEO)のFrans van Houten氏、フィリップス・ジャパン代表取締役社長の堤浩幸氏が、協定内容の概要を説明し、協定書への署名式を行った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  ICT医療開発、フィリップスと東北大が提携