メニューを開く 検索を開く ログイン

SAP療法、課題は装着率の低下

小児1型糖尿病患者のインスリンポンプ療法

 2018年07月03日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 小児1型糖尿病患者は、わが国のガイドラインでもインスリンポンプ療法(CSII)および持続グルコースモニタリング(CGM)の適応とされている。D Medical Clinic Osaka(大阪市)院長の広瀬正和氏は、第61回日本糖尿病学会(5月24 ~26 日)で小児1型糖尿病患者に対するリアルタイムCGM機能を搭載したインスリンポンプSensor Augmented Pump(SAP)運用の実際と問題点について解説。「SAP療法ではインスリン量の微調整が可能、HbA1cコントロールの改善、簡便なインスリン投与方法によるQOLの改善などがメリットとなる。しかし、2カ所の穿刺が必要、センサーの精度、皮膚トラブルなどによる装着率の低下が問題となっている」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  SAP療法、課題は装着率の低下