メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  EGFR陽性肺がん、化学療法併用で「深い奏効」

EGFR陽性肺がん、化学療法併用で「深い奏効」

TKI+化学療法で予後改善、OS中央値は52カ月:NEJ009

 2018年07月03日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対する一次治療において、標準治療薬の1つであるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブと化学療法の併用効果を検討した国内第Ⅲ相ランダム化比較試験NEJ009の結果、ゲフィチニブ単独投与に比べてゲフィチニブ+化学療法併用群は全生存期間(OS)を有意に延長し、OS中央値は52.2カ月と極めて優れた成績が示された。仙台厚生病院呼吸器内科医長の中村敦氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  EGFR陽性肺がん、化学療法併用で「深い奏効」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514856 有効期限:11月末まで