メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

EGFR陽性肺がん、化学療法併用で「深い奏効」

TKI+化学療法で予後改善、OS中央値は52カ月:NEJ009

 2018年07月03日 06:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対する一次治療において、標準治療薬の1つであるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブと化学療法の併用効果を検討した国内第Ⅲ相ランダム化比較試験NEJ009の結果、ゲフィチニブ単独投与に比べてゲフィチニブ+化学療法併用群は全生存期間(OS)を有意に延長し、OS中央値は52.2カ月と極めて優れた成績が示された。仙台厚生病院呼吸器内科医長の中村敦氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  EGFR陽性肺がん、化学療法併用で「深い奏効」

error in template: found but mtif was expected