メニューを開く 検索を開く ログイン

"一帯一路症候群"に備えよう

 2018年07月03日 06:15
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 21世紀のシルクロードと称される「一帯一路」。中国が開発を進める一大経済圏構想だ。日本医科大学連携教授の福生吉裕氏は、その影響は政治経済だけでなく、医療にも甚大だと警鐘を鳴らす。二酸化炭素(CO2)の排出増加に伴い、温暖化に拍車がかかるからだ。近い将来、"一帯一路症候群"とも呼ぶべき疾病の流行が起こる可能性があるとし、今から万全の備えをしておくべきだと提唱している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  "一帯一路症候群"に備えよう