メニューを開く 検索を開く ログイン

養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失

転移性乳がんの症例報告

 2018年07月05日 06:15
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立がん研究所(NCI)のSteven A. Rosenberg氏らは、化学療法やホルモン療法に抵抗性を示す乳がん患者に対して養子免疫療法(ACT)と免疫チェックポイント(CP)阻害薬を組み合わせた治療を実施したところ、がんが完全に消失し、治療後22カ月以上にわたってその状態を維持したとNat Med 2018; 24: 724-730)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失