メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失

養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失

転移性乳がんの症例報告

 2018年07月05日 06:15
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立がん研究所(NCI)のSteven A. Rosenberg氏らは、化学療法やホルモン療法に抵抗性を示す乳がん患者に対して養子免疫療法(ACT)と免疫チェックポイント(CP)阻害薬を組み合わせた治療を実施したところ、がんが完全に消失し、治療後22カ月以上にわたってその状態を維持したとNat Med 2018; 24: 724-730)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07514898 有効期限:7月末まで