メニューを開く 検索を開く ログイン

養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失

転移性乳がんの症例報告

 2018年07月05日 06:15
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立がん研究所(NCI)のSteven A. Rosenberg氏らは、化学療法やホルモン療法に抵抗性を示す乳がん患者に対して養子免疫療法(ACT)と免疫チェックポイント(CP)阻害薬を組み合わせた治療を実施したところ、がんが完全に消失し、治療後22カ月以上にわたってその状態を維持したとNat Med 2018; 24: 724-730)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  養子免疫療法+免疫CP阻害薬で乳がん消失