メニューを開く 検索 ログイン

膠原病に対して有望なBioは?

SLE、全身性強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎

2018年07月05日 06:05

6名の医師が参考になったと回答 

 東京大学大学院皮膚科学准教授の浅野善英氏は第117回日本皮膚科学会(5月31日~6月3日)で膠原病の新しい生物学的製剤(Bio)をテーマに講演、全身エリテマトーデス(SLE)や全身性強皮症(SSc)、皮膚筋炎・多発性筋炎などに対する新しいBioを解説した(表)。その中で、SScに対してリツキシマブの医師主導治験を行っていることを明らかにし、年内に56例のエントリーを目標に承認申請を目指しているとした。

表. 膠原病に対する新しい生物学的製剤21143_tab.png

(浅野善英氏提供)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  膠原病に対して有望なBioは?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで