メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者の心房細動で脳梗塞リスクが4倍

後期高齢者含む3万例超の大規模日本人集団で検討

 2018年07月05日 06:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 心房細動と脳卒中リスクの上昇との関連を示す報告は多くあるが、多数の後期高齢者(75歳以上)を含む近年の大規模集団からの報告や、脳梗塞、脳出血で分けた病型別の報告はこれまでなかった。帝京大学衛生学公衆衛生学講座主任教授の大久保孝義氏らは、わが国の後期高齢者を含む高齢者における心房細動と脳卒中のリスクを明らかにすることを目的に、2002年に開始した日本動脈硬化縦断研究(JALS)における65歳以上の高齢者集団において、心房細動(AF)と脳梗塞、脳出血発症との関連を検討し、第60回日本老年医学会(6月14~16日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  高齢者の心房細動で脳梗塞リスクが4倍