メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  呼吸リハで注目の"行動変容"とは

呼吸リハで注目の"行動変容"とは

呼吸器関連3学会共同の改訂版ステートメントで言及

 2018年07月06日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 呼吸リハビリテーション(呼吸リハビリ)では、患者自身が疾患を管理することが重要である。順天堂大学医療看護学研究科呼吸器系教授の植木純氏は、呼吸器関連3学会が共同で今年(2018年)発表した「呼吸リハビリにおけるステートメント(改訂版)」で言及されている、患者の行動変容の持つ意義や有用性について第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で説明。セルフマネジメント教育は行動変容につながる重要な介入方法であると論じた。

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本呼吸理学療法学会、日本呼吸器学会

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  呼吸リハで注目の"行動変容"とは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514907 有効期限:11月末まで