メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

呼吸リハで注目の"行動変容"とは

呼吸器関連3学会共同の改訂版ステートメントで言及

 2018年07月06日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 呼吸リハビリテーション(呼吸リハビリ)では、患者自身が疾患を管理することが重要である。順天堂大学医療看護学研究科呼吸器系教授の植木純氏は、呼吸器関連3学会が共同で今年(2018年)発表した「呼吸リハビリにおけるステートメント(改訂版)」で言及されている、患者の行動変容の持つ意義や有用性について第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で説明。セルフマネジメント教育は行動変容につながる重要な介入方法であると論じた。

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本呼吸理学療法学会、日本呼吸器学会

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  呼吸リハで注目の"行動変容"とは

error in template: found but mtif was expected