メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  高齢のHER2陽性乳がんにはトラスツズマブ単剤も考慮を

高齢のHER2陽性乳がんにはトラスツズマブ単剤も考慮を

術後補助療法としてのトラスツズマブ単剤 vs. トラスツズマブ+化学療法:RESPECT

 2018年07月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

 HER2陽性の高齢者原発性乳がんに対する術後補助療法として、トラスツズマブ単独療法(Herceptin®; H群)をトラスツズマブと化学療法の併用(H+CT群)とランダム化比較したRESPECT試験から、トラスツズマブ単独療法は選択肢となりうることが示された。主要評価項目の3年無病生存期間 (DFS)は、H群89.2%、H+CT群94.8%、化学療法を省略することで失われる境界付き平均生存時間(restricted mean survival time;RMST)は3年の時点で1カ月未満となり、毒性とQOLでもトラスツズマブ単独療法が優れていた。愛知県がんセンター中央病院乳腺科部医長の澤木正孝氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  高齢のHER2陽性乳がんにはトラスツズマブ単剤も考慮を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11514911 有効期限:11月末まで