メニューを開く 検索を開く ログイン

Bio・ステロイドが原因の感染症への対策

第117回日本皮膚科学会

 2018年07月06日 06:20
プッシュ通知を受取る

32名の先生が役に立ったと考えています。

 皮膚科領域では、乾癬などに対して生物学的製剤(Bio)が投与されるようになり、また膠原病などに対してステロイドの長期大量投与を行う機会が増えており、これら免疫抑制療法による免疫低下が原因の感染症リスクが懸念される。岐阜大学皮膚科の水谷陽子氏は第117回日本皮膚科学会(5月31日~6月3日)で、免疫抑制療法時の感染症対策について解説、「事前のスクリーニング検査、治療中のモニタリングによる早期発見、ワクチン接種などによる予防が大切」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  Bio・ステロイドが原因の感染症への対策