メニューを開く 検索を開く ログイン

良質な食事が脳の萎縮を抑制する可能性

【海外短報】

 2018年07月08日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 質の良い食事が脳容積の維持に関係している可能性があると、オランダのグループがNeurology2018; 90: e2166-e2173)に発表した。

 同グループは、地域住民が参加したRotterdam Studyで食生活の評価と脳MRI検査を受けた認知症および皮質梗塞歴がない男女4,213例(平均年齢66歳)を対象に、食事の質と脳容積、白質病変容積、ラクナ梗塞、脳微小出血との関係を検討した。食事の質のスコア(0~14点)は、同国の食事ガイドラインの遵守に基づいて算出した。

 解析の結果、良質な食事は脳容積、灰白質容積、白質容積、海馬容積が大きいことと関係していた。食事の質と白質病変容積、ラクナ梗塞、脳微小出血との関連は見られなかった。野菜、果物、全粒穀物、ナッツ類、乳製品、魚類の高摂取と加糖飲料の低摂取は、脳容積が大きいことと関係していた。

(編集部)

9名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  良質な食事が脳の萎縮を抑制する可能性

error in template: found but mtif was expected